大阪のキャバクラの料金システムについてまとめました。

MENU

大阪のキャバクラ料金

 

大阪のキャバクラで気持ちよく楽しむ為には、どんな料金システムとなっているのかよく知っておく必要があります。
大阪のキャバクラとはどのような料金システムとなっているのでしょうか?

 

セット料金

 

大阪のキャバクラも全国のキャバクラと同じように「セット料金」となっています。セット料金は大体60分制となっており、そこから延長して店を利用する場合、30分後とか60分後との延長料金がかかります。
セット料金は入場する時間帯によって異なり、おおよそ開店時間、21時以降、23時以降で異なりますが、お店によっては何時に入場してもセット料金が変わらないところもあります。

 

キャバクラのシャンデリア

セット料金は5,000円から10,000円ほどで、お店によっては別途サービス料の25%と消費税がかかります。セット料金の中にはお酒の飲み放題、女の子の着席が1人分となります。
お酒の種類はお店によって異なりますが、焼酎やウイスキーなどが多いです。

 

しかし、この中には席に付いた女の子の分のお酒のお金は含まれて居ません。女の子が「何か飲みたい」と言って注文したドリンク代は別途かかります。ドリンクもシャンパンなど高級なものがあるので注意が必要です。また、フード類も別途料金になります。

 

また、キャバクラによっては個室などのVIPルームが用意されている事があります。
個室を使用する場合、普通のセット料金より割高になります。また、その他にもチャージ料金がかかる場合があります。

 

指名料金

指名料金は場内指名、場外指名の2種類がありますが、ほとんどが3,000円が相場になります。
また、同伴する場合も料金がかかり、その相場も3,000円ほどになります。
大阪ではこの同伴料金がかかるところが多いので注意しましょう。