花火大会やお祭りなどのイベントを行う大衆キャバクラが多いのが十三エリアです。

MENU

十三エリアの特徴

 


大阪には多くの人が仕事や娯楽を求めて集まりますが、繁華街や歓楽街と呼ばれる街には必ずキャバクラや飲食店が密集する傾向があります。
大阪は日本でも有数の大都市なので市内には幾つかの歓楽街が存在しており、連日のように多くの人が娯楽を求めて集まってきます。

夜の街

 

中でも特に有名なのが梅田や難波、天王寺といったエリアですが、密かに男性から高い人気を集めているのが十三エリアです。
十三エリアには多くのキャバクラが軒を連ねており、大阪市内でも隠れた名店が多いエリアとしてその名を馳せています。

 

十三エリアの中でも十三駅西南側の栄町のエリアはキャバクラの聖地として非常に有名です。

駅の西部と東部には商店街が広がっており、オフィスビルなども非常に多いエリアとして知られています。

 

そんなエリアで営業するキャバクラには必然的にサラリーマンが多く訪れる事になりますが、若者が集うライブハウスなどもあるので世代を問わず人気の高い歓楽街です。

 

 

店内イベントが多く楽しめる

十三エリアに軒を連ねるキャバクラの主な特徴としては、サラリーマンに受けの良い「若い子が多い」という点や「店内イベントが多い」という点などが挙げられます。

 

十三エリアのキャバクラに在籍している女の子の大半は大阪北部から通っている女性で占められており、学生や就職したてのOL等が副業としてナイトワークをしているケースがほとんどです。
そのため、必然的にキャストの多くが若い子で占められてくるのです。

 

また、十三エリアのキャバクラには若い男性客も多いので「リーズナブルなお店が多い」という特徴があります。

 

さらに夏休みの時期になると花火大会お祭りなどのイベントが多く、それに乗じる形で各キャバクラ店でも浴衣コスプレのイベントお祭りに関連したイベントが行われているというのも大衆キャバクラが多い十三エリアの特徴と言えます。